走れファミリーとしての私vs豪快な高齢者

毎朝通っているジムで同じ時間帯のレッスンに参加している浜口京子選手に似た76歳の女性に声を掛けられた。


彼女は中学の近隣の校区に住んでおり、町興しに積極的で、しかも私同様ジムしか行くところしかなく、同年代の会員さんと家庭の愚痴や呑み会とかの話題で盛り上がっているそうだ。


彼女は私が外見的に大人しすぎるからもっと喋れと指摘された。


失業してから数年間、両親から強制される形で何もする気がなくても開店時間の時間帯にジムに行かされて苦痛に感じ、不登校を許されている家庭が羨ましく、会社で仕事ができた頃が気楽に感じることがある。


ジムの往復の道で走れファミリーの鈴木純子さんのツイッターで自ら担当している番組の「くにまるジャパン極」で尾木直樹氏をゲストを迎えた頃にこのレベルの虐待で苦痛に感じるなら逃げてもいいという発言を思い出し、同居の高齢毒親のことを少し話したら、そんな家庭環境は大嫌いだと言われた。


リスナーでの走れファミリーとしての性格は番組で流れた話のツッコミ、演歌を含めた気になった歌のリクエストをしてくれと走り書きでメールするような単細胞な性格だが、家族から見ると世間外れでまともな人間であると言われ、外では自分を押し殺すかのように他人に話しかけることはない。


原因は幼稚園入園当初に自ら行動のステージに上がってはしゃぐ程の問題児であった為に実母が担任に呼び出されたお陰で子供らしい行為や表現をすることを禁じられ、失業した現在も続いている。


しかも過去のいじめだけでなく、第三者から忠告を受けた時は自分の気持ちを出すことに対して悪影響を与えているという自責感から受け身で消極的な性格になってしまった。


内心、自分に納得できるような表現や行為をしたくても同業者であった両親に元同僚やお偉いさんと地域の恥さらしだと言われたくないように気を遣って大人しく振る舞っていることに対して嫌気をさしたのも事実だった。


特に前職で健康診断のために総務に向かった時に退職した同じ高齢契約社員の女性に同じ形態の社員がいない苦痛から解放されたかのように自分をさらけ出して会話をしてしまったことを取締役経由で実父に告げ口されたことを知らされ、17年間本心を封印して勤務した。


更に離職当時の職場で実父の言いつけを守り続けることを強制された影響で同僚たちからもっと喋れと言われたり、表面上の性格で離職時の管理職と上司に注意をされ、最悪職を失ってしまうことを恐れるような歪んだ性格になってしまった。


強いて言うなら気さくに声をかけるタイプは何かにつけて利用して悪い形で言い広められて、身内に迷惑をかけざるを得ない。


大きな原因は実母がジムがリニューアルしてから毎日のようにプールを利用しているということで有名であり、毒親と関わりたくないように避けているという情報を知らされたからだ。


私自身、表現活動や会話をする時は他人を陥れるような行為はしていない。


浜口選手似の彼女はそんな毒家族たちに潰されたら人生ダメになると一喝され、それでも「走れ」をはじめとした番組に年間30回メールコールされたんだと返した。


彼女や両親の年代の方より私が属する団塊ジュニア世代=就職氷河期世代やゆとり世代と言った若い世代の方が情けないと思われがちだが、成人前から先輩方の悲劇を目の当たりにするだけでなく、自身が過去にひどい経験をした影響で人間本来の表現が出しずらい。


走れファミリーのパーソナリティーは年齢層が違っても人との繋がりを大切にする損得関係のない温かい関係であり、リアルな世界でもずっとこうありたいと心から願っている。

 

 

 

浜祭行きたかったなー

 


文化放送が毎年文化の日にやるイベント「浜祭」を東京都港区の浜松町及び芝周辺でイベントであり、東京ドームの野球観戦客並みの大混雑で大盛況している。


今年は述べ12万人、「走れ歌謡曲」のイベントだけでも約400人で、会場エリアだけでもすし詰め状態だったらしい。


しかも会場前からいい場所を取るべく、地方から夜行バスで来たり、会場周辺のマンガ喫茶で一泊した強者もいた。


初めて全曜日のパーソナリティーが集結した姿を見たかった私は失業中で年齢的による体調不良で行けず、当日出演された杜このみちゃんを応援している知人に2人分楽しんできてほしいと電話で嘆願した。


このみちゃんとパーソナリティーのブログとツイッターで閲覧して堪能することができなかった輩はパーソナリティーと番組と絡みのある歌手の結束の強さと友情がビンビン伝わった。


翌週の放送中で行ってきたというメールがかなり読まれ、遊べる環境が劣悪な私にしてはとても羨ましい限りだが、動画配信するサービスしていただければありがたい。


実は10年前に小池可奈さん以外のパーソナリティーが揃ったイベントに行ったことがあり、1ヶ月後の岩波理恵さんのライブで大勢の観客いるにもかかわらず私の名前を呼んでくれたことがあり、こんな受け身な性格でも走れファミリーなんだと感じた。


満員電車並みの混雑でしかも低身長でパーソナリティーの顔が見れないどころか、「ドラパラ」で不定期だが初めてやるこのみちゃんの出前リクエストの争奪戦でマナーが悪そうなファンとトラブルが起きることを危惧して行かない選択をしたのは正解であり、内心そうではなさそうな客に指名してほしいと願った。


案の定、このみちゃんのキャンペーンの非常連客のスナックのママに指名したことを番組で知り、次回のキャンペーン先でも同様な手段で敢行して欲しいところだ。

 

この他、MIZUMOと照美&奈々絵の歌とトラックドライバーに対象にしたパーソナリティーがインタビューもあり、来年のカレンダーが完売するといったとても楽しい感じに終わったそうだ。


仮に行っていたとしたら前職の勤務先が会場周辺にあり、自宅周辺の路線の大幅なダイヤ変更で都心に直通する電車が廃止した関係で交通の便が悪くなったせいで全部見れなくなるほど遠くなり、つまらない表情で帰宅するのが現実であり、全曜日のパーソナリティーと握手やお話する機会がなくなったと泣きたくなるのも無理がない。


間接的にできることはブログ→メルマガ更新、毎週のメール送信、ツイッター発言・共有、そして来年のカレンダーを眺めることかな。


イベントやキャンペーンに行けなくても真のファンとはいえないと言われた事があったので、貧困でそのような事不可能な状態で下剋上レベルでパーソナリティーに理解できるかなー。

 

 

3.11のツナマヨおにぎり

 

2017.10月最終週から11月第1週放送分の「走れ歌謡曲」内のコーナー・「ドラパラ」でパーソナリティーが好きなおにぎりの具を紹介した。


9月放送分で「ドライバー意識調査」で取り上げたお夜食をテーマでトラックドライバー等の夜勤者のリスナーを対象にメールでアンケート調査を取ったところ、おにぎりを食べる人が一番多かった。


各パーソナリティーが好きな具は以下の通り。


山田真以 鮭 焼きおにぎり 牛肉のしぐれ煮

室照美

佐藤千晶 明太子

遠海まりこ 明太子 野沢菜

小林奈々絵 ごま油に漬けた天かす

 

どれも私がよく食べるものばかりだが、この他に焼きおにぎりや混ぜご飯のものをジムに行く前や前職の健康診断受診後に実母に作ってもらって食べていたな。


コンビニに行くと普段食べない具のものがたくさん並んでおり、日本の伝統を覆すどころか、食生活の欧米化に影響されているかもしれない。

 


2011年に発生した東日本大震災の影響で帰宅困難になり、就業時間から2時間経過、交通機関は不通で駅は入場制限をかけられてしまった。


テレビのニュース速報を観ながら様子を見ていたが、社員の帰宅が困難であると判断した当時の庶務課長は近くのコンビニで大量のおにぎりを購入した。


待ちくたびれて空腹になった社員が一斉におにぎりを取り、お目当てだった梅と鮭といったさっぱり系の具のものがなくなってしまい、ツナマヨしか残ってなかった。


因みにマヨネーズ系の味付けは胃がもたれるので苦手である。


在職当時は18時に帰宅してから30分後に夕食をとっていたが、ひどい空腹感に襲われていたのでツナマヨのおにぎりが妙に美味しく感じる。


おにぎりの量は普段の食事量よりも少なく感じ、酒宴で出される料理や外食も同様な感じではないかと一緒に仕事をした退職社員に文句を言ったこともあったな。

 

痩せ型の女性の筆者は第三者から見るとギャル曽根ほどではないがかなりの大食漢で下品だ。


こんな緊急事態に贅沢言うところではなく、おにぎりの大きさの分量どころか貧困で全く食べられない状況になっている人たちより幸せなんだよ。

 

確かにこのような厳しいお言葉を頂戴されたが、幼少期から小学校四年ぐらいまで少食で子供用の茶碗の半分以下しか食べられず、給食や家庭での食事で食べ残しが多く、厳しい指導を受けて苦痛を受け、そうならないようにして完食するようになったことや一緒に買い食いや食べ歩くをした大食漢の高校時代の友人達と一緒にいた影響があるのも一因である。


また、仕事や人間関係が原因によるストレスの影響で孤独感を紛らわすために食べることで埋め合わせをしていたが、1日の大半を会社で過ごしていたり、プライベートで友人・知人達に会うことを家族から禁じられた辛さが一気に吹き出した。

 

1個のツママヨおにぎりを食べながらその当時は働けるだけでなく、ある程度自由に行動できた幸せがあったと言うことを改めて感じた。

 

食べることは勿論、失業の影響でやりたいことが出来ずに自立することを妨げられた弱者にしては一個のおにぎりに生きることの感謝が込められており、「食」=「生存」という図式を戦前・戦中生まれの両親が受けていたことを自身が受けているので、人生に必要な「食」=「欲望」では世の中では通用しないということを教えられた。

 

 

 

 

 

 

 

走れ歌謡曲カレンダー

 


表題の商品が昨日の午後に宅配で届いた。


因みにそれを購入するのは4年ぶりかな。


前回購入時はA4ぐらいだったけど、今回はさらに大きくなってA3サイズ‼︎

 

このカレンダーが発送する時期は文化放送文化の日にやるイベント「浜祭」をやる時期に合わせているのでは?

 

「浜祭」に行けないけど、電話注文した時にオペレーターの方が私が走れの準常連リスナーであることが知ってたらしく、当日販売するからもし行けるようだったら送料分がかからなくて済むと言われたな。


それだけでなく、走れのイベントで全曜日のパーソナリティーや杜このみちゃんやMIZUMOに会えるチャンスを家庭環境と失業という外的要因によって逃してしまったのがとても悔しかった。


おうじゃ=王蛇、つまり私がどんな人であると生で伝えたかったのもそうだけどね。


40代後半で更年期世代の女性、153cmで痩せ型、デコだしのお団子頭、遠視のために眼鏡着用、過去にOA事務をや一般事務の経験あり、演歌・歌謡曲好きのリクエスト常連、特撮好きの未婚だとこの場で覚えていただければと思う。


商品到着当日に貧血の診察と点滴で病院の予約を主治医に入れられ、受診日の変更をしたことがバレてしまって尋ねられ、恥ずかしくて「走れ」という言葉が出せないので診察中や点滴中にしつこく電話をかけてくる毒親のせいにしてその場を凌いだ。


また、カレンダーの金額をしつこく訊かれ、無駄遣いしていると誤解され、失業保険の残りとポイント稼ぎから出したお金を使ったと反論した。


別に法に犯したことはしてないのは当然、正当な手段で手に入れたのだからとやかく言われたくない。

 

中を開ければ…、


表紙のパーソナリティーの喜怒哀楽が。


さとう珠緒さんの真似でぷんぷんしている山田真以さんは以前に自分の曜日にゲストで来た宍戸マサルさんの話の中でオーレンジャー に出たということを思い出して、宍戸さんの売り上げ促進や最近テレビで見かけなくなった珠緒さんのカムバックコールをしているのか?


泣き顔と怒りの表情をしているシーンでは前職で酷いいじめを受けて耐えていたことを思い出し、カメラマンさんの指示でやられていたことは理解していたが、何と無く可笑しく写っていた気がした。

それが10パターンあり、それを何部か集めて切り抜きすれば神経衰弱や麻雀ができるな。


本題のテーマはフランス旅行を意識したものでトラックドライバーのリスナーさんを意識したものではなく、豪邸らしきものを借りて撮影されており、パーソナリティーと同年代の女性を意識した清潔感がある仕上がりになった。


1月の抱負と巻末のプロフィールも見応えがあってブログとツイッターとメルマガのネタが増え、ツッコミどころが満載だった。


特にプロフィール欄で全曜日のパーソナリティーに共通するものは「家族」、「友人」、人生の負け組に転落した私を含めたリスナーと他曜日と過去のパーソナリティーで構成した「走れファミリー」といった「絆」に関するものがあった。


東日本大震災熊本地震、福岡・大分豪雨で学んだ人との繋がりを大切にし、ある程度復旧した時点で忘れられてしまうのは残念なことであり、カレンダーを購入した方々に部屋に飾るだけでも孤独感を紛らわせることができるだろう。

 

パーソナリティーの皆さんに不定期であるが年20回以上採用されたことにより、「走れファミリー」の一員であることを小林奈々絵さんの放送日にゲストで来たMIZUMOの主旋律を担当しているAKANEさんにリクエストコールされたことで間接的な「絆」があることを再認識し、リアルなものも重視すべき課題であるということに気付かされた今日この頃である。

 

 

杜このみがサブレギュラー化?

 

10月第4週分の「走れ歌謡曲」の「ドラパラ」というコーナーで5月に降板した杜このみさんが不定期でキャンペーン先で歌を聴きに来たお客様に自らリクエストを受け付けするコーナーを不定期でやると告知した。


自己都合で番組を降板したら後ろめたくてそんなことできるわけがないだろうという声が多々見受けられそうだが、川中美幸さんの代から演歌歌手をパーソナリティーに起用するといったスタイルを崩したくないというリスナーの要望が大きかったからこそ番組存続に繋がったかもしれない。


トラックドライバーのみならず演歌ファンのリスナーさんにとっては昔のJーPOPばかり流してばかりでつまらないという声を聞くのは勿論、その年齢差層が私を含めた現在の中高年にシフトしているのも仕方がない。


このみちゃんが降板してからパーソナリティー全員が歌手ではなくなったので歌手パーソナリティーがいなくなった寂しさは勿論、聴取率的にやや苦戦しているだろう。


90年代の田川寿美さんと多岐川舞子さんから始まって、瀬口侑希さん、南かなこさん、井上由美子さん等が陰で番組を盛り上げてくれた。


このみちゃんは副交感神経が優位に働いている深夜の時間帯に活動することを主治医に止めれれたという話を知った時、女性の長時間および深夜労働によって体調を崩すケースが多く、1999年の改正男女雇用機会均等法が制定されてから女性にとっては都合がよく聞こえるが、長期間繊細な体機能を有する者に鞭を打って働くことは不可能だ。


そういったしわ寄せがを残ったパーソナリティーに来てしまうと音をあげるのは無理ないが、山田真以さんとプライベートでヨガに出かけたり、放送中に電話でお話ししたり、後日やる文化放送のイベントで現行のパーソナリティーと共演できるといった嬉しい話を聞くと戻るべき場所を作ってくれたことに感謝していると言っていたね。


極端なことをいえば、前職で左遷された部署から雇い止めされた職場に出戻った時に温かく迎え入れてくれたことと同じだ。


逆に失業して実家暮らしをして地元で暮らすことが多く、不本意な人間関係の崩壊や疎遠によって行き場を失ったからこそ人と触れ合う温かい関係が恋しくなってしまう。


深夜でハードな仕事ができなくなってしまった彼女だが、急な降板にしたことによっていい加減な奴だからそれっきりだと言いそうな人が多いけど、現状のパーソナリティーとスタッフ、心あるファンがいるからこそ現在の彼女がある。

 

 

中尾美穂さんの近況

 

2000年代の「走れ歌謡曲」元パーソナリティーの中尾美穂さんの現在の生活が9月上旬にTBS系のドキュメントバラエティー「結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち」で知った。

 

ネットニュースでご主人様の黒木じゅんさんがネットで売れない2世演歌歌手呼ばわりされていたので、美女がとんでもない悪の道に進んでしまったのではないかと気になり、テレビをつけて観た。

 

中尾さんが担当されていた時期の「走れ」のパーソナリティーの中では一二を競うような人気だったことがあり、番組が聞けない時期はネットでチェックしていたね。


40代になる手前で有名だった父親を持つ二世歌手の夫と結婚して、バラ色の人生が送れるだろうと期待していたが、実際は父親や大御所と呼ばれる歌手に及ばず、独身時代と比べて貧困な生活を余儀なくされている。


現在は表立った活動はしておらず、ご主人様のサポートをメインでしながら時々演歌のイベントの司会等をされているそうだが、収入は激減しているとのこと。


本来だったら他の人を雇って手伝って欲しいところだが、夫婦の収入だけでは支払えず、中尾さんだけでマネージャー等の雑務を1人だけでしている。


おまけに会場から自宅まではハイヤーではなく一般の人みたいな交通手段で移動されていることを知り、まさに負け組の失業者がいる我が家がしている姿を電波で丸写しさせられたような気分だった。

 

歌が大好きなご主人様がこんな現実を突きつけられたら生活するためのお金が足りない理由で別れますか?

 

失業者の私だったらご主人様と同じ立場になるけど、大好きな歌があるからこそ愛する妻がそばにいるおかげで頑張れるという気持ちがビンビン伝わる。


人間って生命線である仕事と心の栄養剤である恵まれた人間関係がなければ干からびてしまう。


私が結婚してこんな旦那さんがいたとしても絶対に別れない。


2人がお互いに愛することと信頼関係が成立しているからこそおしどり夫婦に相応しいんだよ。

 

中尾さんはおしゃれでセレブなイメージが強いけど、窮地に立たされているわがままな(?)お坊っちゃまタイプの男性の居場所づくりにも長けている。


私を含めた失業によって社会不適合者扱いされた人達を簡単に見捨てることをしない養護教諭みたいなマドンナ的な存在といってもいいかもしれない。


番組宛てに彼女は「走れの養護教諭」とメールをして採用されたぐらいだから。

 


独身時代のような生活が出来なくなっても夫婦愛があれば大丈夫と豪語できるカップルだからこそ幸せな人生を送られているのは絵になる感じですな。

 

 

 

 

お夜食

 


9月偶数週の「走れ歌謡曲」内のコーナー・「ドラパラ」内で深夜勤務されているお夜食調査の放送がされました。

 

私はその経験はありませんが、当時会社勤務で多忙による残業で空腹状態で力が出ず、帰宅まで何も食べずに我慢してたことがありました。


一番最悪だったのは初職を退職した年に帰宅しようとした時に急に即日中にあげなくてはいけない仕事を終わらせてから帰宅して欲しいと男性の先輩に引き止められ、帰宅が日付が変わった時刻になり、帰りを待ってくれた家族が消化の良いものを食べて寝なさいという置き手紙と時間的に夜食になってしまい、冷めた夕食を温めて食べた記憶が忘れられません。


本当は残業が確実になった時点でコンビニで夕食を買って食べて帰ると電話をしたらお金がもったいないから買うなと言われてしまい、当然力が出なかったですね。


電話を受けた実姉曰く、私が残業して遅く帰宅することによって待たされている同居家族の迷惑を考えていないこととその影響で自主的に退職する手口にさせられるということを告げられました。


当時の実母は糖尿病を患っている実父のことも考慮して、就寝中の空腹対策を兼ねた料理を一人で手作りしており、私を含めた働いた経験がある女性が両立しながらこなせないという難しさを感じさせました。


残業するからこそカップ麺やスナック菓子とかのこってりしたものを食べないと力がが出ないと思っていましたが、最近の夜間・深夜およびシフト勤務による不摂生な生活を送ると心身共に支障が出るのは承知であり、前職の劣悪な職場環境や失業等によるストレスで持病が悪化したことで家族のありがたみを感じました。

 


私の経験談はここまで。

 

パーソナリティーやリスナーさんからの回答を一部紹介しますね。


カップ麺、スナック菓子、牛丼、おにぎり、ホットドック等。

 

室照美さんの放送で普段は名古屋の自宅でおにぎりを作り、持参して食べるとのことですが、放送日に佐藤千晶さんからのお土産の出身地のおつまみ昆布を召し上がれたとのこと。

 

表題とは関係ないですが、千晶さんは全パーソナリティーと自分の曜日のスタッフあてにあげたそうで、職場いじめでいう「お菓子外し」しないようで、私より一回り以上若くてもレベルが高い人間関係であることがわかりました。